山湯里の旅・出湯紀行

乙見峠近くに建つ雨飾荘

小谷温泉

大糸線中土駅から姫川の支流中谷川に沿って約12km遡り、標高1120mの閑静な新潟県境
近くの山間にあり、西に白馬連峰を望み、東に妙高山や戸隠山、乙見山など見渡せる高所
の出湯だ。開湯は古く、川中島合戦で武田勢が戦っていた弘治元年(1555年)に、薬師如来
の霊夢によって、武田の家臣岡田甚一郎が発見し、将兵の療養泉として利用したのが始ま
りだと言い伝えられている。
照会先:小谷村観光協会・tel.0261-82-2233

外来入浴出来る湯宿| 熱泉荘| 山田屋旅館| 雨飾荘|

湯宿一覧・目次